タイヤの話

昔ですが、タイヤショップで働いていた事があり、多い日は200本の交換をした事があります(6人態勢でしたが)

その時先輩から言われたお言葉

「車の性能を過信するな。車を走らせているのはタイヤだ」

確かにその通りです

 

 

お客様がタイヤを交換すると、処分する古いタイヤが残ります

実は私、新品タイヤを見て触るのも好きでしたが、交換後に置いて行かれるタイヤを見るのも好きでした

タイヤには製造年月日が記載されています。その製造年月日を見て、原産国を見て、タイヤの劣化具合を見出せるからです

 

そして自身がタイヤを注文する際にやっていた事

タイヤの品名とサイズの他に、原産国も指定して注文する

もちろん、外国メーカーのタイヤの場合です

 

交換後のタイヤで目に付くのはひび割れ、表面の酸化状態です

タイヤのひび割れは「オゾンクラック」、紫外線と言われていますが、実は空気の入れ過ぎによるものです

酸化はスプレータイプの泡のクリーナー

 

ご注意を

 

 

 

新車値引き最安値に挑戦